会社さま・法人の皆さま、弊所は数多くの就労ビザ・在留資格をサポートする行政書士事務所です。

会社など企業さまの「就労ビザ」の不安・お悩みはお任せ下さい

行政書士事務所ネクストライフでは、数多くの会社さまのサポートをしてきました。

外国の方が日本に所在する企業に就職するには、いろいろな要件をクリアしなくてはいけません。行政書士事務所ネクストライフではそれぞれの企業様にどのような外国の方が適しているのかご提案し、そのような外国の方の就職が決まった場合には、早く働くことができるよう迅速な対応をしてきました。

外国の方にとっては、待ちに待った日本の企業に就職することができたことは非常に嬉しいことです。
また企業さまにとっても、人手不足の中でようやく入社する人材はとても貴重なものでしょう。

ただそこには「法律の壁」が立ちはだかります。この「法律の壁」をあまり理解せず、何となく就職しそのまま生活していると、いつの間にか法律違反をしていることとなり最悪の場合「刑罰を受ける」という事態に至ったケースも多々あります。また入管の取り扱いは年々厳しくなっています。

そういった事態に陥らないよう、行政書士事務所ネクストライフでは、外国の方の面接から、就職の際の手続き、就職後の生活のことまで「外国の方が日本の企業に就職しながら、安全に生活できる」ためのサポートをしてきました。

こんなビザ・在留資格のご相談にご対応してきました

行政書士事務所ネクストラフでは、外国の方の面接から就職、就職後の生活までの手続きをサポートしておりますが具体的には下記のようなご相談に対応してきました。

「面接の際は、どんなところに気をつければいいいだろうか」

「外国の方が就職するのにどのような手続きをすればいいのだろうか」

「ちゃんと、我社で就職することができるだろうか」

「いなくなってしまった場合どうすればいいだろうか」

「日本での生活をどのようにサポートすればいいだろうか」

「外国の方が結婚したけれど手続き面でどうすればいいだろう」

「外国の方の海外の配偶者を日本に連れてきたい」

「日本で犯罪に巻き込まれてしまった場合にはどうすればいいのだろうか」

もし上記に該当することがあっても、なくても
ご不安・問題などございましたらいつでも行政書士事務所ネクストライフにご連絡ください。
早く解決して安心や喜びを手に入れてください。

企業様向け、就労ビザ情報

外国の方に就労ビザの手続きを任せてはいけない理由。

外国人の従業員と給料、税金、社会保険

・なぜ在留期間中の再就職は気をつけないといけないのか。

・IT学科といってもうちで就職できないそのワケとは。

・ご年配の外国の方を雇用する場合、何を注意すべきか。

・理系でも文系の就職先に就職できるワケ。

・建設業界で外国人があたらく王道パターン。