必要書類(「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」からの永住許可)

永住許可は申請者ごとに若干必要書類が異なります

表題のとおり、永住許可申請を行う申請者の違いにより、若干用意する書類も違います。
また、申請人の個人の状況によりやはり、収集し、作成する書類が変わっています。

そんな中で下記にご案内するのは、あくまで「基本的な書類・資料」です。
全ての方が下記の書類のみで永住許可が取得できる、とは言い切れませんので予めご了承ください。

具体的に用意する書類


永住許可申請書


写真(縦4cm×横3cm)1葉
※手続きの時から3カ月以内に撮影したもので帽子や背景が無い鮮明なものを用意します。写真の裏には申請人の氏名を記載して申請書に貼ります。16歳未満の人は、写真の提出は必要ありません。


身分関係を証明する下記のいずれか
・申請人が日本人の配偶者 → 配偶者の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
・申請人が日本人の子供 → 日本人の親の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
・申請人が永住者の配偶者 → 配偶者との婚姻証明書又は準ずる資料


申請人を含む家族全員(世帯)の住民票 適宜

5
申請人又は申請人を扶養する者の職業を証明する下記のいずれか
・会社等に勤務している場合 → 在職証明書
・自営業等である場合 → 確定申告書控えの写し又は営業許可書の写し
・その他 → 職業にかかわる説明書(書式事由)及びその立証資料 適宜


直近(過去3年分)の申請人又は申請人を扶養する者の所得及び納税状況を証明する資料
(1)住民税の納付状況を証明する資料
・直近3年分の住民税の課税証明書(又は非課税証明書)及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されているもの) 各1通
・直近3年敢において住民税を適正な時期に収めていることを証明する資料(通帳の写し、領収書等)
(2)国税の納付状況を確認する資料
・源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税に係る納税証明書(その3)
(その他)下記のいずれかで、所得を証明する者
・預金通帳の写し 適宜
・上記に準ずるもの 適宜


申請人又は申請人を扶養する方の公的年金及び公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料
(1)直近(過去2年間)の公的年金の保険料の納付状況を証明する資料
次のア~ウのうち,ア又はイの資料及びウの資料を提出
ア「ねんきん定期便」(全期間の年金記録情報が表示されているもの)
イ ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面
(2) 直近(過去2年間)の公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料
ア 国民健康保険被保険者証(写し)
イ 健康保険被保険者証(写し)
ウ 国民健康保険料(税)納付証明書 
エ 国民健康保険料(税)領収証書(写し)
(3) 申請される方が申請時に社会保険適用事業所の事業主である場合
申請時に,社会保険適用事業所の事業主である方は,上記の「公的年金の保険料の納付状況を証明する資料」及び「公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料」に加え,直近2年間のうち当該事業所で事業主である期間について,事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に係る次の資料ア及びイのいずれかを提出
ア 健康保険・厚生年金保険料領収証書(写し)
イ 社会保険料納入確認(申請)書(未納の有無を確認する場合)


パスポート(提示)

9 
在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書(提示)

10
身元保証に関する資料
(1)身元保証書 1通
(2)身元保証人の印鑑
(3)身元保証人に係る下記の資料
a 職業を証明する資料 適宜
b 直近(過去1年分)の所得証明書 適宜
c 住民票 1通

11
身分を証する文書等 提示